Googleタグマネージャーを用いたトラッキングタグ設定方法

Googleタグマネージャーを用いたトラッキングタグ設定方法

「トラッキングタグ」とは

Webサイトにアクセスされた方の行動履歴情報を取得するためのタグのことです。

>> トラッキングについての詳細はコチラ

 

ここではGoogleタグマネージャーを使った設定方法を、3段階に分けてご紹介します。
 
1.Googleタグマネージャーのアカウントを作成
2.Googleタグマネージャーをサイトに設置
3.CombeezのトラッキングタグをGoogleタグマネージャーのコンテナに設置
 
すでに、Webサイトにタグマネージャーを導入済みの方は、手順3から始めてください。

1.Googleタグマネージャーのアカウントを作成

1-1.Googleタグマネージャーのアカウントを作成してください
(すでにアカウントをお持ちの方は手順3から始めてください)

 

1-2.アカウント名とコンテナ名を入力して「作成」をクリックします

 

1-3.同意を求められるので「はい」をクリックします

 

2.Googleタグマネージャーをサイトに設置

2-1.タグマネージャーのコードの案内が出ますので、案内にしたがってサイトに設置します。

 

2-2.ご利用のプラットフォームによっては、コンテナIDを登録するだけで使えるものもあります。

 

3.CombeezのトラッキングタグをGoogleタグマネージャーのコンテナに設置

3-1.「タグ」をクリックして「新規」をクリックします

 

3-2.タグの設定をクリックしたら、タグタイプでは「カスタムHTML」を選びます

 

3-3.カスタムHTMLのHTML欄にCombeezのトラッキングタグを貼り付けて、「トリガーの設定」に進みます

 

3-4. All Pagesを選択し、保存ボタンをクリックします

 

3-5.このような画面になるので、この内容で公開します

 

3-6.公開するバージョンの情報をつけて「公開」をクリックします

設定は以上で終了です。

 

「トラッキングタグの設定方法がわからない」などありましたら

下記、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Combeezでは、トラッキングタグ設置の作業代行も随時承っておりますので、お気軽にお問合せください!

Translate »